台風がやって来る時に感じてしまう悪い考えとは

世界の中では日本はちっぽけな島国に過ぎませんが、毎年のように台風に見舞われます。ゆえに台風を実際に体験して知ろうと思ったら、日本こそはうってつけな国の一つだと言えるでしょう。ただし台風は大きな災害となりますので、被害に遭われてしまう方々のことを思うと心が痛くなります。ですから台風に対する防災の意識を高めることは、全国民が持つべき大切な心掛けであると言えると思います。
そんな台風ですが、私は台風がやってくるたびに感じてしまう悪い考えがあります。それは、「どうせ台風が来るなら通勤電車が完全に止まってしまうほど来てくれないかなあ。そうすれば大っぴらに会社を休めるのに」ということです。これは甚だ不謹慎な考えかもしれませんが、私の偽らざる本音です。
とにかく台風が中途半端にやって来ると、電車はかろうじて動きます。しかし本数は減るし時間は遅れるし、通勤は大混乱となります。すると雨風に打たれ、人ごみにもみくちゃにされ、会社に辿り着くまでに疲労困憊してしまうのです。そんな通勤、勘弁して欲しいと願うのは私だけでしょうか。脱毛ラボ 新宿