足元から始まる春の訪れと、スニーカーからの始まり。

長潟冬ようやく終わりの時を迎えようとしています、毎日毎日変わる景色、白い世界から黒い土の世界へ、北国にもようやく、春らしい日が多くなってきますた、柚木が解けた道路は乾き、冬靴が恥ずかしく感じられるこの頃、思い切って、スニーカーに履き替えました、すると足元から春を感じることが出来ます、何となくスキップでもしたくなる様な感じは、長かった冬とのお別れを意味しているようです、本州から伝わる、桜の開花と、お花見のニュース、どれもが私達には待ち遠しいことばかりです。冬の間じっと待ていた春がやっと訪れるのです、田畑は、雪が解け、山は戻りの色を濃くしていきます、道端には、フキノトウが、目を出し、春のお日様を浴びています、山ではもうすぐ、春の山菜のシーズンを迎えます、生命観を感じさせる、毎年確実に訪れる春の訪れが、すでに、足とから始まっていくのです、北風に負けない様に、お日様は強い光を降り注ぐそんな季節がやっとやってきたのです。アコム 審査