これから参議院選挙、でも加えるところが弱い投票は一体全体すべきなのか?

7月収10日の参議院選挙が近づいてきました。再び投票で来れるのはどっか決めていますから7月収10日なったらただ行って、悩まないで投票やるだけだ。「大切な一票だ、棄権せず本当に投票ください。」の呼び声があって投票が大切だと思うならば、日にち前投票も絶無パーソン投票もありますので投票したらいいと思います。
ですが、なぜか投票は必要です、強制行かなければいけないというのには僅か反対を覚えます。
個人的には、無投票という意欲発表は必要だと思うのです。白票や挫折票といった投票にいってわざわざどこにも入れないという意欲発表を表すこともできますが、それは単なる内面での執着心だけですような考えもする。話題に上るのは投票料率ですからこういう意味で、行かないという意欲発表を指し示す主旨のほうが、良いと思います。
最も小さいのが適当に、どこかに入れて仕舞うという実行で選挙を左右するような投票はやめてほしいような気がします。近視田中

あたしが本年一番気になっていることは、なるか優勝広島東洋カープ??

広島東洋カープ??優勝なるか??

今年の広島東洋カープは強い!昨年は黒田投手が主流から返ってきて、前田投手もいて優勝か??と思っていましたが残念ながら優勝ならず。そして、今年は今まで広島の目玉として活躍していた前田健太投手が主流リーグに試しドジャースに入団!こりゃまたちょっと優勝からずれるのかとペナントリーグが始まる前は思っておりましたが、現に開幕してみたら当初は何かうまく噛み合ってないのかなと思ったりもしましたが、娯楽を続けるにつれて投打ともに賢く噛みあい克服を重ねていきました!

今年は前田健太投手の抜けた穴を誰が閉じるのかと思っていました、前年歩みのよかった福井投手か?と考えましたが残念ながら今年はよく歩みが上がらず、じゃあ何者です??と思っていたところに出てきました野村祐輔投手??新人国王を取った後は決して歩みが上がらず自己も不本意な投球が続いていたのではないかと思います。しかし??今年は違う。両リーグ最多の10勝を挙げています、このまま歩みを落とさず投げ続けてくれた時折広島東洋カープの優勝があるのではないでしょうか??