「味をなじませる」の意味を知りませんでした

私の母親はとても料理上手でいつも美味しい料理を作ってくれました。私は結婚して家を出ましたが、今でもたまに実家へ帰ると母はいつも美味しい料理をふるまってくれます。なのに私は母とは正反対で料理が苦手です。ある時、唐揚げを作ろうと思ってレシピを見たら肉に下味をつけて30分くらい味をなじませると書いてありました。なるほど30分こねてなじませればいいのね!と思い、30分間ずっと手でこねこねと混ぜました。すると肉はねとねとになって、出来上がった唐揚げは柔らかかったですが、こんな面倒くさい料理はもう2度とやらない!と思ったのです。味をなじませるとは、1度ざっくりと混ぜてからしばらくおいて調味料などを全体に行き渡らせるという意味で、主に下ごしらえや酢の物和え物などの時に使うそうです。ちなにみザクッリ混ぜ合わせるとは大まかにまぜるという意味だそうです。お恥ずかしいのですが、本当の意味を知るまで1年ほどかかりました。