DeNAとヤクルト戦。広島戦3連勝のあとのDeNA

8月25日のDeNAとヤクルト戦。広島戦3連勝と波に乗って欲しいDeNAでしたが、ここ6試合投手陣が崩壊してます。特に先発が5失点近くする場面が多く打線にかかる比重が高い感じです。おまけに今日の相手のヤクルトはぶっちぎり最下位ですが、1番坂口、3番バレンティン、4番山田は超強力でこの3人に全打席で打たれる可能性があるので、対戦成績が圧倒していますが、侮れない存在なのは間違いありません。ヤクルトも先発投手さえ安定すればかなり攻撃によるプレッシャーはすごいので気は許せないと思います。。この試合、前半は危惧された通りヤクルトのブキャナンが6回まで2失点といい内容だったので、DeNAの井納が良く踏ん張ったと思います。7回に大量6点を奪い勝負あったと思われましたが、そこからまさかの5失点で終わってみると2点差での辛勝でした。やはり中継ぎ陣はかなりきついです。6回終了までに5点差をつけてないと勝ち試合な気がしません。ヤクルト攻撃陣の坂口、バレンティンにはやはり打ち込まれてしまいました。4連勝と言えど投手陣の整備が課題だと思います。