足元から始まる春の訪れと、スニーカーからの始まり。

長潟冬ようやく終わりの時を迎えようとしています、毎日毎日変わる景色、白い世界から黒い土の世界へ、北国にもようやく、春らしい日が多くなってきますた、柚木が解けた道路は乾き、冬靴が恥ずかしく感じられるこの頃、思い切って、スニーカーに履き替えました、すると足元から春を感じることが出来ます、何となくスキップでもしたくなる様な感じは、長かった冬とのお別れを意味しているようです、本州から伝わる、桜の開花と、お花見のニュース、どれもが私達には待ち遠しいことばかりです。冬の間じっと待ていた春がやっと訪れるのです、田畑は、雪が解け、山は戻りの色を濃くしていきます、道端には、フキノトウが、目を出し、春のお日様を浴びています、山ではもうすぐ、春の山菜のシーズンを迎えます、生命観を感じさせる、毎年確実に訪れる春の訪れが、すでに、足とから始まっていくのです、北風に負けない様に、お日様は強い光を降り注ぐそんな季節がやっとやってきたのです。アコム 審査

台風が来てるぞ来てるぞ、さあどげんしますか

朝から台風が非常に強い勢力でやってくると、あちらこちらの放送局と各番組でわめいている。ニュースでもほとんどの1番目は台風の話題で終始している。なんでも25年ぶりの非常に強い勢力だとか言っている。さてそれを見越してか近頃のJRは先駆けて人々の生活に変化をもたらす革命を行っている。それはギリギリまで運転をしないで、あらかじめ前日に何時ごろまでに運転をやめてしまうと宣言をしていることだ。これを行うことで駅間で列車が抑止されることもなくなるし、途中駅に到着してもそこから動けないで何時間も待機することもなくなる。結果的に乗務員も乗客も駅員も余計に待たされて疲れないで済むことになる。その革命を実施してるために列車通勤を行ってる社員が多い会社では通勤の足が確保できないとして、百貨店や地下街商店なども早々臨時休業するし、普通の会社でも早く帰れ的な行動をさせざるを得なくなってる。でもこれの声をラジオ番組の各パーソナリティさんは評価している。これだったら車通勤している地域エリアの人も同じように外出禁止令など出してもっと世間的な声を後押ししてくれれば助かるのだが。