色々なお酒を飲んで大人の空間を楽しんでみよう

ちょっとおしゃれな大人の空間といえばバーです。そしてそこでのおしゃれな職業といえばバーテンダーでしょう。お酒が好きな人は、そういったお酒に関係する空間に憧れる人も多いのではないでしょうか。お酒はお祝いの時などに贈ることも多いですが、父の日の贈り物として利用するようなこともあるでしょう。ですが毎年同じようなお酒であれば受け取った側は嬉しいものの、驚くということがなくなってしまうものです。ですからお酒も贈り物用には見た目的にも驚きがあるようなものを選んでいくと良いでしょう。また、美しいものであれば高齢の人にも受けが良いので、喜んでもらえることもあるものです。最近はデパートに売っている惣菜もこだわりのものが並ぶことが多くなり、わざわざ外食をするなら好きなものを買ってきて家で食べたいと思うようなこともあるでしょう。ですが、外食の良いところは今の気分に合うものを色々チョイスして食べることができるということと、居酒屋であればお酒を選ぶことができるということです。ですから、美味しい料理と美味しいお酒が揃っていれば外で飲みたいとも思うことが多くなるでしょう。エピレ vio ワキ

久しぶりに新たな銘柄が株式市場に上場してきました

久しぶりに新たな銘柄が株式市場に上場してきました。その銘柄は「ラクスル」です。
IPO愛好家の中にはそれを上場日の初値で売るという人もいるようですが、私は上場日初日に株式を売却するといったことはありません。なぜならば、最近のIPO銘柄は初値が高いのは別ですが、それ以外の銘柄は初値で株を購入しても儲かることが多いからです。
ですから、私も最近は株式を初値で買ってしばらくスイングするという方法をとっています。こういうことをやっていると、かなり神経質に動くIPO銘柄でも腰を据えた売買ができるようになるから不思議です。ただ、この銘柄は一時2000円超えようなので、もし私がこの銘柄の値動きをリアルタイムで見ていたら2000円を越えたあたりで全株手仕舞いしていたと思います。
ただ、IPOはこの後に控えてるメルカリがあるので、とりあえず近いうちにラクスルを売却してメルカリの配分をもらうために資金を捻出しなければなりません。

フォルダと画面機構などについて

フォルダなどについて教育しました。フォルダの中に作られたフォルダをサブフォルダ(控えディレクトリといいます。フォルダを層系統に作成することにより、再び細かな部類格納ができます。ただし、格納の部類はあまり細く形作りすぎると、あとでファイルを探しづらく変わる(たくさんのフォルダを調べなければならない)ので、アバウトな部類にとどめておくのがいいです。フォルダ内に保存したたくさんのファイルの中から目的のファイルを探し出すには「タイトル」、「諸々」、「一新日にち」で並べ替えてから探すと早く目的のファイルを見つけ出すことができます。キーボードは、最も一般的なサインインツールで当方とコンピュータを結わえる大きな役割をはたしています。情報処理を効率的に行うためには、こういう業務に習熟することが重要です。フォントとは言葉の書体の結果、ウィンドウシステムではさまざまなフォントが利用できます。こういうフォントの限度を置き換える結果言葉の書体を切り替えることができます。また、言葉のサイズも限度により自由に入れかえることができます。知らないことを教育できて嬉しいです。

色んなTVを見たり教育をしました

21状態くらいからTVされていた、バラエティーチャンネルを見ました。最初は、神童のマミーは正に幸せなのかについてやっていました。いろんな人に密着していました。家によって人間も違っていて見ていておもしろかっただ。他にもいろんなことをやっていました。とある他人が郷里に帰ったりしました。思い出深い郷土ごちそうなども出てきました。聞いた案件のいらっしゃるゼミナールなども出てきました。次は、通知チャンネルを見ました。本田圭佑アスリートが生演技していました。次に、洋楽のチャンネルを見ました。8年代前部くらいの曲のランクをやっていました。そして、次は育成をしました。メタルなどについて育成しました。メタル以外の物体は、非金属といいます。銀食器はメタル光沢があります。アルミニウムは、電気を一心に通します。やかん(アルミニウム製)は、熱量をそれほど通します。針金製作(鉄)は、引っぱるとのびます(延性)。叩くと広がります(展性)。水銀(液体)より軽々しい鉄(固体)は、水銀に浮きます。ずいぶん勉強になりました。すぐに至急10万円借りたい

同じことをしているのに、好感が持てる人と、うーん?な人。

お手伝いしましょうか?なんて気を利かせることって、大人になったらよくあると思うのですが、その時に、すーっとすんなりできる人と、アピールはするのに、あまり役に立たない人がいますよね。

私がまさに、その役に立たない人間なのです。
役にたちたい気持ちとは全く逆方向に出てしまう、裏目に出るタイプのやつ。
いそいそと動いて何かを倒したり、忙しいのに用事を増やす人。
やりましょうか?!なんて、でしゃばっておいて、そっちじゃない!というところに物を運んでしまう、空気が読めない人。
周りの人からしたら、もう!できないならでしゃばってこないで!って思うんだろうなぁと反省する日々です。
みんな優しいから今のところ問題になってないけど、絶対にいらっとされてるはずです。
ひとりでも態度に表す人がいたらアウトー!なくらいの人間なので、さっと、気が回って好感が持てるふるまいができるひとにちょっぴり嫉妬してるんですも
我が振り直さないといけないのに、ダメダメ人間です。

久しぶり過ぎてお菓子作りの腕が落ちちゃったかも…!

今日は久しぶりに実家に遊びに行き、ついでに学生の時以来お菓子作りに励みました。
出来上がったクッキー3種類をテーブルに置いて早速両親と子供とお茶タイムになりましたが…。そのクッキーが不味かった!娘が作ったものだから何も言えなかったんでしょうが顔を見れば「あ、まずいと思ってるな」ってのが分かりました(^^;)
そんな変な空気の中、娘が何も考えずに「手作りのクッキーっておせんべいみたいなんだね」って率直な感想を…。分量通りにはしたのに焼く前から「おかしいな」と思う位に固かったのは確かだけど、まぎれもなくそれはクッキーだから。
父は「ピーナツの味がしてうまいぞ」ってピーナツなんて少しも入れてないし(-_-)黙ってバリバリ音立てて食べていた母も…「いた!歯茎にクッキーが刺さった」って。分量も焼く時間もレシピ通りなんだから私の腕前じゃないんだって言い張りたかった私ですが、何だかここまで来ると何も言えなかったです。自分の両親と子供とはいえ、恥ずかしかったって気持ちの方が大きいかな…。。
とりあえず、リベンジを!と言いたいところですがまた失敗したら今度は言い訳も何も聞きそうにないので、自分の家でじっくり練習をつんだ上で彼らに出そうと思います。脱毛 9500円

千葉テレビで再放送されてる美味しんぼとシュタゲゼロをはじめとした積みゲーの話

千葉テレビで再放送されてる美味しんぼでプロ野球キャンプが出てきたが、プロ野球が今よりもはるかに影響力を持っていた時代の雰囲気を感じられて懐かしかった
今回はプロ野球と食の関係の話で興味深く観ていた
子どものときに観てたらやたらとうんちくが長くてうっとうしいと感じたかもしれないけど、今改めて観ると体を作るのに食は基本だから理にかなってると思う
しかし作中ではプロ選手の癖にコーラがぶがぶ飲んだりと食事管理が全然なってなくて球団はそんなんでいいのか・・・と突っ込んでしまった
アニメ化が発表されていたシュタインズゲートゼロは2018年4月から放送とのこと
だとすると年明けの1月からではないわけか
だったらその間にまだPSVITAでダウンロード版で買ったままやってないシュタゲゼロ進めるか・・・・
そういえばダウンロード版で買ったロマサガ2のリメイク版もまだやってない
最近は雑務に追われて時間が足りなくなり、さらに他のオンラインゲームも長時間遊べるように定期的にアップデートがあったりゲーム内イベントがあったりしてそっちをやってるとますます積みゲーが増えていってる気がするプレシャス ウォーター

寒い季節、カラダを温めながら味わいたい豚汁

スーパーに行くとこの時期多くみられる鍋のつゆ。いろんなシリーズ、商品が棚に並び選ぶのも時間がかかりますね。商品のパッケージにおいしく彩られた野菜やお肉、魚介類、目にするだけで「あれも食べてみたい、この味もチョイスしたい」と想像はふくらむばかり。そういえば鍋物をつくるけれど冬の名物、豚汁は作っていないなということで今日は早速メニューは豚汁へ。豚肉、人参、白菜にダイコン。なんだか作る前から心が躍りますね。おおきな鍋にグツグツと野菜のm旨味がぎっしり詰まり、いいおだしを提供してくれます。豚汁だともう1品、何を作ろうかと考えているところですが。出来上がって鍋のフタを取った時に立ちこもるあの香りがとてもいいですよね。何とも言えない懐かしい香りが部屋に漂う瞬間がたまりません。季節を感じる食べ物、他にもたくさんあるけれど定番の豚汁はやはりどこかあたたかみを感じると共にホッとなごむ。日本食の素晴らしさを改めて感じる1品。今日の一句、「豚汁を 飲んでカラダも あたたまる・・」

今年もまた、陽気な時季がやってきました。

窓を開けるご時世が訪ねると思い起こします。
あぁ、またこの季節がやってきたかと。
お向かいのサウンド。ご彼氏、夫人、乙女。
今朝も乙女のサウンドが聞こえてきました。

妻ぁ〜、妻ぁ〜、うぇ〜ん!!
普段の風貌は徹頭徹尾お姉さんになっているお向かいの乙女もハイスクールだ。
そんな乙女の幼児かと思うような泣き声。
週末には決まってご彼氏の怒鳴りサウンド。
お〜い!何やってるんだ。すぐさま済ませろ!!
夫人の叫び。
わかってる!今やってるでしょ!?
言い争いが続きます。

これは知人一家のただの毎日物語だ。
いよいよ家族で立ち寄るんでしょうか。
三お客様一緒に建物の補修をやる風貌が溢れることもあります。
建物のコーナーからコーナーに向かって話しているのでしょうか。
でもね。聞いているこちらがハラハラしてしまうんです。
夫人、乙女の女性のサウンドはまだいいんです。
ご彼氏の迫力ある怒鳴りサウンドが溢れると気力が滅入ってしまうんです。

決して家屋も穏やかではありません。
小児を叱ったり、泣いたりのサウンドも外側まで聞こえていると思います。
でも、お向かいとは容量と言うかすさまじさが違うんです。
単なる日常のシーンだってわかってはいるんです。
わかってはいるんですが、そぉっと窓を閉じる日光がまたやってきました。

家は古くなるのです、駅ちか物件がいいのです

まだ、新しい家なので、住宅ローンも払って当然、ぐらいな気持ちで、幸せに過ごされているようです。ただし、これが、今でさえも、すでに築5年の風合いなので、一気に、汚れ、古くてローンを払うのが厳しくなる時もあるでしょう。そんなときには、駅前だと、その気持ちを幸せに変える力があるのです。立地というのは、本当に、後から聞いてくるものなのです。立地が良ければ、家は建て直すことができるのです。ただし、立地が悪ければ、家を建て直してもどうすることもできません。土地を購入するのであれば、駅ちか物件を選ぶことは必至なのです。
お年寄りになって、幸せになるのかならないのかも違ってくることでしょう。
都会にすぐに出られるというのは、どれほどいいことなのかわからないのです。
地べたに住んでいる感覚の自分だと、エレベーターを使わないと外に出られない生活など考えることはできません。それが怖くないというのは、どのような生活だったのか知りたいです。